新宿にある評判の泌尿器科の病院となるのが、新宿駅前クリニックです。
患者にとって行きやすい病院ということで、このエリアでも非常に人気があります。
まずこれはどこにある病院でしょうか?

新宿駅前クリニック泌尿器科アクセス

そのアクセスですが、新宿の駅前にあります。
まずは新宿駅までアクセスしてください。
駅に着いたら西口を目指します。
ここから行くのがもっともわかりやすく、距離的にも近くなります。
新宿駅の西口を出たら、大手の家電量販店を探してください。
この家電量販店の裏に、新宿駅前クリニックが入っているビルがあります。

目印となるその家電量販店は駅の目の前にあるため、すぐ見つかることも多いですが、もし見つからなければ看板を目印にするといいでしょう。
この店舗には、屋上付近に赤い大きな看板がつけられていますから、すぐに目当てのお店が見つからなければ、この看板に注目してくださいね。
見つけたらその大手家電量販店に向かってください。
近くまで来ると、その家電量販店の隣に大手保険会社のビルが建っており、ちょうどこの2つの建物の間に通り抜ける道があるのがわかります。
この道を抜けるのが、新宿駅前クリニックへの近道です。

しばらくこの道を歩くと、左手に人気のコーヒーチェーン店が見えてきます。
そしてこのお店の前には左折できる脇道がありますから、そちらへ入ってください。
この脇道へと入ると、すぐに白いビルの目の前に来ます。
その白いビルが、新宿駅前クリニックが入っているビルになります。
ビルの目印として、1階に大手のコンビニが入っていることも覚えておくと安心です。
このコンビニの隣にビルへの入り口がありますから、そちらから入ってください。
新宿駅前クリニックが入っているのは3階になります。
エレベーターで上がるといいですよ。

新宿駅前クリニックへのアクセスはこのようになっています。
まだ行ったことがないと複雑そうに見えるかもしれませんが、これは駅前にある大手家電量販店の裏のビルへと回り込むというアクセスになります。
新宿駅までアクセスでき、その西口から出てすぐ目の前にある家電量販店さえ見つかれば、すぐにアクセスできる病院となるでしょう。
行ってみると駅のすぐ近くになるため、来院しやすいと利用者からは評判です。

新宿駅前クリニック泌尿器科診療科目

この病院ではどんな病気をみてもらえるのでしょうか?
その診療科目ですが、泌尿器科はもちろん入っていますし、そのほかに皮膚科、内科、内科領域に関わる耳鼻科など、複数の診療科目に対応できる病院となっています。
泌尿器専門のクリニックではありませんから、本当に泌尿器の問題で受診していいのか、初めての方など迷うかもしれません。
この点はまったく問題ありません。
各診療科目を見られる専門のドクターがそれぞれ在籍していますから、受付や問診票で今困っているその症状を伝えれば、泌尿器の異常に対応できるドクターの診察を受けられます。

こちらで治療を受けられる症状とは、たとえば亀頭包皮炎、膀胱炎、尿道炎、男性の性病に関する検査や治療、尿道や性器のかゆみや痛みなどです。
少し気をつけたいのは、こちらで対応できる症状は、基本的に男性の症状になることです。
女性がなる異常や病気などの診察については、膀胱炎に限ってのみ行っています。
それ以外の症状は他の病院へ相談する形となりますから、注意してください。

新宿にある泌尿器科のある病院、新宿駅前クリニックとはこのような病院です。
なかなか他人には相談しづらく、内科などでも対応できないことがあるこれら症状について、この病院なら対応できます。
しかもこの病院は新宿の駅前にあるなど非常にアクセスがいいほか、待たされにくい病院としても時間のない社会人から人気があります。
泌尿器関係で何か困った症状があるなら一度こちらで相談してみるといいでしょう。

性病検査を受けて安心

かぶとむしさん 30代 男性
★★★★

彼女が浮気してお互いに冷却期間を設けていましたが、彼女の浮気相手が性病に罹っており、彼女自身も性病に罹っていることが分かって念のために私も検査を受けることにしました。
ただし、彼女から連絡を受けた時には自覚症状は全くありませんでしたが、家族と同居していたこともあり、もし性病に罹っているなら家族に迷惑が掛かるので利用し、病院自体は近所にある皮膚科と泌尿器科の診療科を持つクリニックを利用することにしました。

診察結果については、性病に罹っていませんでした。
色々と問診や診察、検査などを受けましたが、検査を受ける際にはプライバシーを配慮して行ってくれたから安心して受けることができ、結果に関しても全く問題がなかったからよかったです。
また、利用したクリニックは皮膚科と頻尿帰化の診療科を持っていましたが、性病についても治療実績があり、特に県外からでも患者から訪れるほどに実は有名な名医ということだったから安心感がありました。

そして、性病には罹っていなかったから家族には性病のためにクリニックを受診したことや彼女が性病に罹っていたことは話しませんでした。
しかしながら、彼女とは浮気や性病をきっかけに別れることにしました。

>> もっと見る

クラミジア:不特定多数の性交渉で感染

けいたろーさん 30代 男性
★★★★

風俗で遊んで以降、尿を出すときに軽い痛みを覚えるようになり、性器の先端から膿のようなものが出るようになりました。
ともかく恥ずかしくて、病院に行く事も躊躇っていましたが、排尿時の痛みがどんどんひどくなり、頻尿状態にもなってしまったので泌尿器科の受診を決断しました。
また、ドラッグストアなどで排尿時の痛みに効くという薬も試したのですが全く効果がなかったのも理由の一つです。
結論から言うと、もっと早めに行っておくべきだったと思っています。

受診したのは家の近くにある小規模なクリニックでした。
まず、受診した際に問診票を記入してすぐに尿検査をするよう言われました。
その後しばらく待つと、医師からの診察が始まりました。

医師の診察ではやはり、風俗で遊んだと素直に言う事は恥ずかしくて、不特定の女性と性交渉をした、といった言い回しをしました。
尿検査などから何らかの感染症にかかっているのは間違いないけれどもそれがクラミジアかどうかはっきりとは分からないと言われました。
そこで処方されたのがクラビット(500mg)という抗生物質でした。

これを三日間飲み続けて効果が見られない場合は別な抗生物質を試すので一日に朝と夕方二回に一錠ずつクラビットを飲んで三日後に来てほしいと指示されました。
クラビットを飲みはじめて最初の一錠は効果が感じられませんでしたが、二回目以降、かなり痛みが和らいでいくのが分かりました。
三日間飲み続けた後には本調子に戻っており、病院での再受診でも問題ナシと診断されました。
放置しておくとかなりの痛みを伴うようになるので早めに対処した方がいいと感じました。"

>> もっと見る

尿道炎「検査してもらい適切な処理をすることが大切」

金太郎さん 30代 男性
★★★★

地元で昔からある温泉施設に久しぶりに行きましたが、数日後に徐々に赤く腫れてきて痛みも出てきました。
夏ということもあり、元々肌が弱いからかぶれかと思っていましたが、痛みをかなり感じるようになったので、性病を疑いました。
そこで、一緒に温泉施設に行った友人に連絡してみると友人も同じ症状があったから温泉施設で病気をもらったかもと思って病院を受診することにしました。病院は近所に治療に対応している病院があったので、その病院を選びました。

診断結果は思っていた通りの性病ということでした。
抗生物質による服用薬での治療ということでしたが、しばらく服用すると赤く腫れたのが徐々に元に戻って行き、痛みも抑えられました。
複数回、通院しましたが、その都度に診察で改善傾向になっているということだったから安心感があり、それから数日後には完全に完治させることができたから良かったです。
友人のほうも無事に完治していたから良かったです。
しかしながら、性病で病院を受診するのはかなりの勇気が必要でした。
受付や看護師は女性の方だったから問診票や事前の問診時に性病の可能性があることを伝えるのは恥ずかしく、診察後や会計後に「お大事に」と言われる度に何となく悲しくなりました。

>> もっと見る

咽頭淋病の口コミ

raitaさん 30代 男性
★★★★★

排尿時に性器の先が痛く、痛みが段々と酷くなってしまい排尿時以外の時までも痛いと感じ始めてしまいました。
仕事にも集中できないくらいになってしまいましたので、ネットで調べると淋病ではないかと思いましたが、病院にかかるのが恥ずかしく自然と治ってくれないかと思い2日ほど我慢しました。
そのうちになんだかのども痛くなってきました。
その間、ネットで調べて効果があったというナスを食べるなどで様子を見ましたが、結局痛みは引かずに病院に行くのを決断。
近所に病院があったので少しでも早くこの痛みから解消できるのであればと思い、勇気を出して病院のドアを開けました。

受付をして問診票に記入して診察を待つまでの間、他にも3名ほどご老人がいました。
「僕のことを性病だと思っているんだろうな」と勝手に思ってしまい、とにかく恥ずかしいので早く呼ばれないかなという気持ちのみ。
やっと呼ばれお医者さんに症状を伝えると、予想通りではありましたが患部を見せなくてはなりません。
医者とは言え性器を見せるのは抵抗がありました。
ゴム手袋のようなものをしているお医者さん。一瞬指先が触れて、「うん淋病ですね」と一言。
のどの違和感も伝えると淋病はのどにも感染するとのことを教えていただきました。
「不特定多数の人と性行為ありました?」と聞かれ、心当たりがあったので「ハイ」と答えると「気をつけてくださいね。お薬出しておきますよ。1週間もあれば治りますから」とのこと。
実際に薬を飲むと翌日から徐々に痛みが引き始めて、3日後にはもう痛みは無くなりました。
こんなに早く簡単に治るならすぐに病院にかかっておけば良かったと思いました。

>> もっと見る

咽頭クラミジアの口コミ

isgk23さん 20代 男性
★★★★★

喉の奥の方に痛みというほどではないが何か違和感を感じるようになった。
何日か経過したが違和感はずっと残ったままだったので、インターネットで喉の違和感に対して調べたところ、性器感染症である咽頭クラミジアという病名が出てきた。
喉の違和感がでる数日前に友人とお酒を飲んだ後に、その場の雰囲気で風俗に行き、濃厚キスをしたことを思い出した。
一緒に風俗に行った友人に連絡すると、友人も同様の症状があるとのことだったため、翌日友人と一緒に近くの病院を受診した

友人と近くの性病科のある総合病院を受診しました。もし、咽頭クラミジアであった場合、他の人(彼女やセフレなど)に移す可能性があるから検査したほうが良いと言われたため、クラミジアと淋菌の検査を行いました。
検査結果はすぐに出て、私と友人共に咽頭クラミジア感染症と診断されました。
先生から、咽頭クラミジアは抗生物質による治療をしなくても症状が強く出ることはないけれど、今後他の人に移す可能性があるからしっかり抗生剤で治療していた方が良いと言われました。
そして、今後の事も考えて抗生剤による治療を選択しました。
処方された薬はジスロマックという抗生剤が3日間出されました。3日間服用すると効果が1週間持続するとのことでした。
すると服用して翌日には喉の違和感がすっかりなくなって、いつも通りの状態に戻りました。その後、病院で再度検査しましたが、菌はいなくなっているとのことでした。

>> もっと見る

尖圭コンジローマの口コミ

なんだかなぁさん 30代 男性
★★★★★

いつも通りお風呂に入っている時に、ぺニスを洗おうとして気付きました。
亀頭部分に小さなブツブツができていました。今まで見たことがなかった症状なので怖くなり、ネットで調べると性病である「尖圭コンジーマ」と呼ばれるものか同じ性病である「フォアダイス」の可能性があるとの書き込みがありました。
このブツブツのままほっておくわけにはいかないし、さすがに体になにか影響がないのか心配になったので、病院で診察を受けることにしました。

病院で診察してもらった結果、「尖圭コンジーマ」でした。
尖圭コンジーマは痛みや痒みなどがなく、トサカ状のイボが形成されます。短期間でブツブツがどんどん増えるのが特徴のようで、触った指や指を触った手や足、顔などにも感染することがある怖い病気です。

自分が尖圭コンジーマを治療してもらった方法は「電気メスでブツブツを1つずつ焼く」という手術です。
高性能な装置を利用して手術を行うため、傷痕も残らないですし、出血も最小限に抑えることができます。話を聞いている限りでは痛そうに感じますが、麻酔をしますので痛さは感じませんでした。
この手術は非常に簡単な手術だそうで医療ミスが起こるリスクが皆無と言っていいほど成功します。
手術後のぺニスを見るとブツブツは綺麗になくなり、いつも通りのぺニスになりました。

陰部ヘルペスの口コミ

紗月さん 30代 男性
★★★★★

遊びに行き、性行為の翌日に、体がだるい、熱っぽいといった風邪のような症状が出てきました。
その時は疲れたのかと思い早く寝ることにしましたが2・3日で改善しました。
これが関係しているのかわかりませんが、1週間程度経った後、包皮に何となく違和感があり、小さな虫さされの様な膨らみができましたが気にせずに放置、日に日に数が増えていき、何かに触れると激痛が走るようになったのですが、それでも病院には行きませんでした。
場所が場所なので、病院に行かずになんとかならないか、といろいろな情報をネットで探しました。
ネットで見たところヘルペスの画像や症状と一緒だったのですが、自然治癒できる。との記載があったため耐えてましたがだんだん数も増えてきて、耐えきれなくなったので通院しました。

患部を一目見た医者が、ヘルペスだねと断言しましたが、念のためと患部の細胞を採取し検査もしましたが、やはり性器ヘルペスと診断されました。
注射と、バルトレックスという抗生物質と塗り薬を処方してもらいましたが、2日後には痛みも軽くなり、ブツブツも無くなり10日後には完治しました。
こんなに早く治るならもっと早く病院に行っておけばよかった、と後悔しました。
ただし、この病気は再発があるということで医者から説明もあったのですが、私も何度か再発をしています。
その都度診察を受けにいっているのですが、最初ほどひどくはなりません。
すぐに治療することで治りも早いと思いますし、一度診察に行ってから泌尿器科への抵抗感や、性病治療の抵抗感が少なくなりました。
最近では医者とも仲良くなってしまい、「またですか」「またですね」のやり取りで通じるようになっています。
長引かせたくないので、疑いがでたら直ぐに病院に行くようにしています。
泌尿器科は思ったよりいろいろな年代の人がいて、そこまで抵抗感のあるものではないので迷っている人も早くいった方がいいと思います。