新宿にある評判の泌尿器科の病院となるのが、新宿駅前クリニックです。
患者にとって行きやすい病院ということで、このエリアでも非常に人気があります。
まずこれはどこにある病院でしょうか?

新宿駅前クリニック泌尿器科アクセス

そのアクセスですが、新宿の駅前にあります。
まずは新宿駅までアクセスしてください。
駅に着いたら西口を目指します。
ここから行くのがもっともわかりやすく、距離的にも近くなります。
新宿駅の西口を出たら、大手の家電量販店を探してください。
この家電量販店の裏に、新宿駅前クリニックが入っているビルがあります。

目印となるその家電量販店は駅の目の前にあるため、すぐ見つかることも多いですが、もし見つからなければ看板を目印にするといいでしょう。
この店舗には、屋上付近に赤い大きな看板がつけられていますから、すぐに目当てのお店が見つからなければ、この看板に注目してくださいね。
見つけたらその大手家電量販店に向かってください。
近くまで来ると、その家電量販店の隣に大手保険会社のビルが建っており、ちょうどこの2つの建物の間に通り抜ける道があるのがわかります。
この道を抜けるのが、新宿駅前クリニックへの近道です。

しばらくこの道を歩くと、左手に人気のコーヒーチェーン店が見えてきます。
そしてこのお店の前には左折できる脇道がありますから、そちらへ入ってください。
この脇道へと入ると、すぐに白いビルの目の前に来ます。
その白いビルが、新宿駅前クリニックが入っているビルになります。
ビルの目印として、1階に大手のコンビニが入っていることも覚えておくと安心です。
このコンビニの隣にビルへの入り口がありますから、そちらから入ってください。
新宿駅前クリニックが入っているのは3階になります。
エレベーターで上がるといいですよ。

新宿駅前クリニックへのアクセスはこのようになっています。
まだ行ったことがないと複雑そうに見えるかもしれませんが、これは駅前にある大手家電量販店の裏のビルへと回り込むというアクセスになります。
新宿駅までアクセスでき、その西口から出てすぐ目の前にある家電量販店さえ見つかれば、すぐにアクセスできる病院となるでしょう。
行ってみると駅のすぐ近くになるため、来院しやすいと利用者からは評判です。

新宿駅前クリニック泌尿器科診療科目

この病院ではどんな病気をみてもらえるのでしょうか?
その診療科目ですが、泌尿器科はもちろん入っていますし、そのほかに皮膚科、内科、内科領域に関わる耳鼻科など、複数の診療科目に対応できる病院となっています。
泌尿器専門のクリニックではありませんから、本当に泌尿器の問題で受診していいのか、初めての方など迷うかもしれません。
この点はまったく問題ありません。
各診療科目を見られる専門のドクターがそれぞれ在籍していますから、受付や問診票で今困っているその症状を伝えれば、泌尿器の異常に対応できるドクターの診察を受けられます。

こちらで治療を受けられる症状とは、たとえば亀頭包皮炎、膀胱炎、尿道炎、男性の性病に関する検査や治療、尿道や性器のかゆみや痛みなどです。
少し気をつけたいのは、こちらで対応できる症状は、基本的に男性の症状になることです。
女性がなる異常や病気などの診察については、膀胱炎に限ってのみ行っています。
それ以外の症状は他の病院へ相談する形となりますから、注意してください。

新宿にある泌尿器科のある病院、新宿駅前クリニックとはこのような病院です。
なかなか他人には相談しづらく、内科などでも対応できないことがあるこれら症状について、この病院なら対応できます。
しかもこの病院は新宿の駅前にあるなど非常にアクセスがいいほか、待たされにくい病院としても時間のない社会人から人気があります。
泌尿器関係で何か困った症状があるなら一度こちらで相談してみるといいでしょう。

陰部のかゆみ「服用してからすぐに症状は良くなりました」

sawada12さん 20代 男性
★★★★★

私は大学生の卒業旅行で友人と一緒にタイへ行きました。
タイには3泊4日で旅行に行きましたが、3日ともタイの女性と性交渉を行いました。
そのうちの2人とはコンドームを着用せずに、性交渉を行いました。
日本に帰ってきてから1週間ほど経った頃に、陰部の痒みが出現しました。
そこで、私はタイで性交渉したことを思い出したので、性感染症に罹っているのではないかと不安になったため、近くの泌尿器科医院を受診することにしました。

近くの泌尿器科クリニックは私の職場から徒歩で3分程度の所にありましたが、受診するのは初めてでした。
最初はとても不安でいっぱいでしたが、受付の方や看護師の方の対応がとても良かったので、安心して受診することができました。
月曜日の朝一で受診したこともあって、ほとんど待つことなく、診察を受けることができました。
私は泌尿器科の先生にタイで女性とセックスをしたこと、その際にコンドームを着用していなかったことなどを正直に話しました。
すると、先生から「性感染症の可能性が高いね」と言われ、検査をすることになりました。
検査結果が出て、性器クラミジアと診断されました。
そして、クラリスロマイシン錠という抗生物質を処方されました。
服用してからすぐに症状は良くなり、抗生物質を飲み切るころには症状はなくなりました。
無事に治療できて、とても良かったと思っています。

>> もっと見る

毛じらみ「陰部の痒みと陰部の毛じらみが出てきた」

sakai98さん 20代 男性
★★★★

私は大学生4年生の時に、卒業旅行で友人と東京に行きました。

そこで、女の子が好きな友人の誘いで、ソープランドに行きました。

初めてのソープランドだったので、私はとても緊張していましたが、女の子が可愛くて、話し上手だったため、とても楽しい時間を過ごすことができました。

私は東京旅行に満足して、帰省しました。

帰省してから1週間ほど経った頃に、陰部の痒みと陰部の毛じらみが出てきたので、性感染症に罹ったと思い、近くの泌尿器科クリニックを受診しました。

近くの泌尿器科クリニックは、徒歩数分程度のところにありますが、私は初めて来院しました。

初めてだったため、来院する時には、不安や緊張でいっぱいでした。

しかし、受付の方が、とても丁寧に私の話を聞いてくれ、対応も良かったので、安心することができました。

泌尿器科の先生は、年配の男性であり、私の話を親身になって聞いてくれました。

そして、私が東京旅行でソープランドに行ったことや、症状、症状の発現時期などを説明したところ、「毛じらみの可能性が高いね。

診察してみよう。

」と言って、私の陰部を見てくれました。

そして、毛じらみと診断されました。

先生から、市販薬であるスミスリンパウダーを勧められたので、購入して利用してみることにしました。

使用してからすぐに症状は良くなり、毛じらみを治療することができました。

近くの泌尿器科クリニックを受診して良かったと感じています。

>> もっと見る

陰部ヘルペス「心当たりがある方はすぐに病院に行った方が良い」

さとしさん 20代 男性
★★★★★

女性と性行為を行っていたことがあるのですが、その時にオーラルセックスをとても多くしていました。

オーラルセックスをした後に症状はそこまで言ってなかったのですが数日経ってから、陰部に強いかゆみを感じたと言うことと、排尿時の違和感は非常に強く、どうしようもできないと言う事から病院を受診することにしたのです。

特に排尿時の違和感の強さは我慢できないものであり、早急に治したいと思ったことが診察をしたきっかけとなっています。

病院に行くと性病の1つである性器ヘルペスであると言うことがわかりました。

そこまで強く症状が進んでいたと言うわけではなく、早めに治療を行うことができたと言うことが良かったと言うことでした。

この性器ヘルペスにあたっては「グレースビット」と言う薬が処方され、それをしばらく使うことになりました。

すると1週間ほど経って症状が完全になくなり、陰部のかゆみや排尿時痛はほとんどなくなりました。

初めてこのような性病にかかってしまい、とても不安な気持ちが強かったのですが、病院に行くとわりと誰でもかかる病気であると言うことで安心しました。

もし皆さんも性器ヘルペスの症状が現れたり、心当たりがある方はすぐに病院に行った方が良いでしょう。

>> もっと見る

クラミジア「重篤ではなくてよかった」

さとうさん 男性 20代
★★★★★

私は様々な女性と性行為を行っていたことがありました。
ある日突然自分の陰茎が痒くなり、陰茎の中の尿道も痒みが強くなったことから「これは性病なのではないか?」と思い、泌尿器科を受診することになりました。
排尿をすることもままならなくなってしまいましたので、症状が出てから翌日には病院に行くようにしました。
どの女性から移ったのか分かりませんが、女性も私と同じように不特定多数の方と性行為を行っていると言う事から移ったのではないかと思います。
主に現れた症状として挙げられるのは先程述べた陰部のかゆみと排尿時痛です。

正直なところ、性病ではないかと言うことで病院に行く事はとても恥ずかしく感じました。
しかしながらこの陰部のかゆみと排尿時の痛みに耐えることができなかったので病院に行くこととなりました。
病院の診断の結果として、性病の1つであるクラミジア性尿道炎と言う診断を受けました。
そこまで重篤な性病ではなく、ジスロマックと言う性病の際に用いられる抗生物質をもらいしばらく様子を見てもらいたいと言うことで病院の受診が終わりました。

このジスロマックを服用して数日経って陰部のかゆみと排尿時の痛みがなくなり、とても嬉しかったです。
もうこのような痛みになりたくないと思いましたし、今後女性と性行為をする際には性病にかからないように気をつけたいと思いました。

>> もっと見る

毛じらみ「一週間ほどでかゆみもなくなりました」

たなかさん 男性 20代
★★★★★

夏場に女性と性行為をしたことがあったのですが、性行為の後時間がなく洗わずにそのまま放置したことがありました。
そのことがきっかけか分かりませんが、その日の午後から猛烈にかゆさが襲ってきました。
痒くて痒くて仕方がありませんでしたので、すぐさま病院に行くことになりました。
はじめての経験ですのでどの診療科に通えば良いかわかりませんでしたが、とにかく皮膚がかゆかったと言うことで皮膚科を受診することになりました。

自分の性器を出さなければなりませんでしたのでとても恥ずかしさはありましたが、自分の症状と検査の結果「毛じらみである」と言うことを教えてくれました。
毛じらみの対処策として飲み薬と毛じらみを退治するためのシャンプーを処方されました。
様々なタイプのシャンプーがあると言う事でしたが、よく毛じらみの代謝に使われるスミスリンシャンプーと言うものを処方され、しばらく経過観察を行って欲しいと言うことでした。

それでも最初の2日から3日ほどはとてもかゆく寝られない日々が続きましたがそれ以降は少しずつ症状が改善され、1週間もたたない頃には不便なく生活を行うことができました。
私が性行為を行った女性が毛じらみだったのか、また性行為後にしっかりと洗わなかったことが原因か定かではありませんが、しっかりと適切な処置や処理を行った方が良いと言う事は間違いないでしょう。

>> もっと見る

コンジローマ「腕の良い医者に偶然発見してもらい助かりました」

金色の闇さん 40代 男性
★★★★★

亀頭包皮炎を治療するために、1月1回のペースで泌尿器科に通院していました。
医者が、包皮の弾力性や透明度のチェックをしていたときです。
プレートを尿道部に押し付けた時に、微量の血液が付着したので、変だと言われました。
ベッドに寝かされ、尿道を、専用のピンセットで開けられました。
医者にやっぱりだと言われ、患部を見せられました。
白い突起状の小さなイボが1つ見えました。
HPVウイルスによるコンジローマだと病名を告げられました。
尿道部に微量の血液が付着する場合は、尿道内にコンジローマができている可能性が高いということでした。

尿道内の白い突起状のイボ(コンジローマ)は、小さく、また、1つだったので、専用のピンセットで取ってもらいました。
除去したあと、レーザーで焼いてもらいました。患部が小さかったこともあり、麻酔なしでも痛くはなかったです。
復活する可能性があるということで、その後、1月1回ペースで、ほぼ完治していましたが亀頭包皮炎の症状の確認と合わせて、尿道内にイボが復活していないかチェックをしてもらいました。
3カ月後です。肉眼では見えないが、プレートに血液が付着するので、復活しているだろうと言われ、再度レーザーで焼いてもらいました。
その後、2か月経ち、復活の兆候はないということで、治療は終了しました。

私の場合、外から見える亀頭部ではなく、外から見えない尿道内にコンジローマができていました。
亀頭包皮炎の治療の過程で、腕の良い医者に偶然発見してもらい、本当に助かりました。

>> もっと見る

尿道炎「恥ずかしいが診察してもらってよかった」

kasai789さん 20代 男性
★★★★★

私は社会人1年目の忘年会の時に、会社の先輩に連れられて人生で初めての風俗へ行きました。
風俗嬢はとてもセックスが上手で、可愛かったので満足していました。
風俗へ行ってから2週間程経った頃に、陰部の痒みが出現してきました。
しかし、症状がとても軽かったため、特に何もせずに過ごしていましたが、それから1週間程症状が続きました。
風俗へ行ったことを思い出して、性感染症に罹っているかもしれないと思い、近くにあった泌尿器科医院を受診しました。

近くの泌尿器科医院へは初めて行きましたが、スタッフの方の対応がとても良くて、入りやすい雰囲気でした。
私が受診した時間は開院してすぐだったため、患者の数はそこまで多くはありませんでした。
10分程度待たされてから診察室へ呼ばれました。
泌尿器科医院の先生は若くてスタイルの良い男性医師で、話し方が穏やかでした。
先生に風俗へ行ったことや症状、症状の発現時期などを説明したところ、検査を勧められました。
そして、検査の結果、クラミジア性尿道炎と診断されました。
クラミジア性尿道炎は細菌による性感染症であり、抗生剤による治療が必要とのことでした。
私は院外処方箋を持って、近くにあった調剤薬局へ行きました。
薬剤師の先生から、クラリスロマイシンという抗生物質を出してもらいました。
説明がとても丁寧で分かりやすかったので、安心して服薬することができました。
クラリスロマイシンを飲み始めてからすぐに症状が良くなり、1週間程経った頃には症状はほとんどなくなりました。
その後、泌尿器科を訪れて、完治したことを伝えられました。
泌尿器科のスタッフや先生の対応がとても良く、クラミジア性尿道炎から解放されたので、とても満足しています。

>> もっと見る