新宿の泌尿器科の口コミ・評判|新宿駅前クリニック > 尿道炎

尿道炎「検査してもらい適切な処理をすることが大切」

金太郎さん 30代 男性
★★★★

地元で昔からある温泉施設に久しぶりに行きましたが、数日後に徐々に赤く腫れてきて痛みも出てきました。
夏ということもあり、元々肌が弱いからかぶれかと思っていましたが、痛みをかなり感じるようになったので、性病を疑いました。
そこで、一緒に温泉施設に行った友人に連絡してみると友人も同じ症状があったから温泉施設で病気をもらったかもと思って病院を受診することにしました。病院は近所に治療に対応している病院があったので、その病院を選びました。

診断結果は思っていた通りの性病ということでした。
抗生物質による服用薬での治療ということでしたが、しばらく服用すると赤く腫れたのが徐々に元に戻って行き、痛みも抑えられました。
複数回、通院しましたが、その都度に診察で改善傾向になっているということだったから安心感があり、それから数日後には完全に完治させることができたから良かったです。
友人のほうも無事に完治していたから良かったです。
しかしながら、性病で病院を受診するのはかなりの勇気が必要でした。
受付や看護師は女性の方だったから問診票や事前の問診時に性病の可能性があることを伝えるのは恥ずかしく、診察後や会計後に「お大事に」と言われる度に何となく悲しくなりました。

>> もっと見る

尿道炎の口コミ

ヤマさん 40代 男性
★★★★★

若いときに複数の女性と関係を持っていたのですが、急に尿道に違和感を感じて、かゆみや痛みが発生してきました。
最初は少し違和感を感じるくらいだったのですが、次第に痛みもひどくなり見過ごせないレベルになってきました。
これはただごとではないと思いましたが、箇所が箇所だけに恥ずかしくてしばらく放置していたのですが、痛みがひどくなり、友人に話したところクラミジアじゃないかと言われて、不安になったので、病院に診察に行きました。
病院は家から少し遠い泌尿器科を選びました。近所の人にばったり出くわしたり、病院に入っていくのを見られるのが怖かったからです。
案の定クラミジアに感染しているとのことだったので、恥ずかしかったですが、早めに病院に行けばよかったと思いました。

友達の中では、色んな性病になっている人がいましたが、まさか自分がなるとは思っていなかったので、最初診察を受けたときは、恥ずかしいやら情けないやらで気持ちの整理がつきませんでした。
先生は男の人だったので安心しました。
女医さんにいろいろ説明したり陰部を見られるとなるのはさすがに抵抗がありましたので。
問診票に詳しい症状を書いたのでそれほど詳しい内容は口頭では聞かれなかったのでそれもよかったです。説明するのも恥ずかしいですので。

自分自身の症状は、かなりの痛みもあったので、尿をするときはビクビクしながらしていました。
ですが診察を受けて、抗生物質の内服薬を処方してもらって、かなり楽になったので、よかったと思いました。
抗生物質を2週間飲み続けたことで、症状は快方に向かったのでよかったと思いました。
飲み終えてから再度病院で完治しているか見てもらった方が良いとは思いますが、自分は処方された薬をのみきって症状もなくなったので病院に再度いきませんでした。
それまでは不特定多数の人との関係がありましたが、それ以来は怖くなったので、本命の彼女だけとするようになったので、病気になったことで変われたのだと思いました。