新宿の泌尿器科の口コミ・評判|新宿駅前クリニック > クラミジア性尿道炎

クラミジア:不特定多数の性交渉で感染

けいたろーさん 30代 男性
★★★★

風俗で遊んで以降、尿を出すときに軽い痛みを覚えるようになり、性器の先端から膿のようなものが出るようになりました。
ともかく恥ずかしくて、病院に行く事も躊躇っていましたが、排尿時の痛みがどんどんひどくなり、頻尿状態にもなってしまったので泌尿器科の受診を決断しました。
また、ドラッグストアなどで排尿時の痛みに効くという薬も試したのですが全く効果がなかったのも理由の一つです。
結論から言うと、もっと早めに行っておくべきだったと思っています。

受診したのは家の近くにある小規模なクリニックでした。
まず、受診した際に問診票を記入してすぐに尿検査をするよう言われました。
その後しばらく待つと、医師からの診察が始まりました。

医師の診察ではやはり、風俗で遊んだと素直に言う事は恥ずかしくて、不特定の女性と性交渉をした、といった言い回しをしました。
尿検査などから何らかの感染症にかかっているのは間違いないけれどもそれがクラミジアかどうかはっきりとは分からないと言われました。
そこで処方されたのがクラビット(500mg)という抗生物質でした。

これを三日間飲み続けて効果が見られない場合は別な抗生物質を試すので一日に朝と夕方二回に一錠ずつクラビットを飲んで三日後に来てほしいと指示されました。
クラビットを飲みはじめて最初の一錠は効果が感じられませんでしたが、二回目以降、かなり痛みが和らいでいくのが分かりました。
三日間飲み続けた後には本調子に戻っており、病院での再受診でも問題ナシと診断されました。
放置しておくとかなりの痛みを伴うようになるので早めに対処した方がいいと感じました。"

>> もっと見る

クラミジア性尿道炎の口コミ

でんでら~さん 40代 男性
★★★★★

出会い系サイトで知り合った女性と肉体関係を持ったのですが、その数日後にオシッコを出す時に違和感を覚えました。
私は以前にもこのような症状になったことがあり、その時は淋病という性病でした。恐らく今回も淋病だと思いました。
淋病は性病の一種で、自然治癒はしません。
今は排尿時の違和感程度ですが、放置しておくとすぐに痛みへと変化しますし、以前これで痛い目を見ました。
しかし早めに診断を受けて抗生物質をもらえば、二週間でなおりますし、今回は運がなかった・・と思いながら病院へいきました。

泌尿器科で症状を話すと尿検査を受けさせられました。
他は特に何もしておらず、私の男性器すら医師は見ませんでした。
実際に見ないでわかるのか?と医師に不信感を覚えました。
医師から下された診断はクラミジア性尿道炎です。淋病ではなかったんです。
確かに淋病は独特の強烈な臭みを感じたんですが、今回はそういった臭みはありません。
淋病と症状はすごく似てるけど、淋病ではなくクラミジアなんだとビックリしました。治療方法は抗生物質クラビットの服用です。
服用期間は二週間、キッチリ飲むように言われました。飲みきってからぶり返すようならまた来てくださいと医師から言われ、次回の診察日を決めないまま診察は終了。
検査は尿検査だけだし、なんか適当な診断だな~と感じたものの、薬を服用したらすぐに排尿時に違和感はなくなりました。
薬を飲みきってから2週間ほど経過しても症状はぶり返しませんし、医師の言うとおり無事治りました。
クラミジアだけでもこんなに症状が出るんだと思いましたし、尿検査だけでもわかるものなんだとビックリしました。

>> もっと見る