新宿の泌尿器科の口コミ・評判|新宿駅前クリニック > 亀頭包皮炎 > 亀頭包皮炎の口コミ

亀頭包皮炎の口コミ

にゃんこひひさん 30代 男性
★★★★★

トイレに行ったときにふと自分の陰茎を見ると白いカスがたくさん溜まっていることに気が付きました。
前からたまにこういうことがあっても放っておけばそのうち治る感じだったので特に何かするわけでもなく放置していました。
ただ、そのうちだんだん痒くなってきて日常生活に支障が出てきたので診察を受けることにしました。
性行為をしたわけでもなかったので、そのときは特に原因が思い当たらずなんだろうなぁという感じで病院に向かいました。

皮膚科に行ったほうがいいのか迷いましたが、万が一性感染症だったら問題なので泌尿器科に行くことにしました。
泌尿器科に来る患者なんてそこまで居ないだろうと思っていましたが、意外といるものです。
仕事が終わってから病院に行ったら若者からお年寄りまで様々な年代の方が座っていたのでびっくりです。
診察券を出してとりあえずしたのは尿検査でした。診察も受けずに尿検査?、とちょっと疑問に思いました。
ただ、後で調べてみると結構普通のことらしいですね。
名前を呼ばれてお医者さんの前に座ると症状について聞かれました。
それと同時に尿検査の検査結果を見て亀頭包皮炎だと言われました。
性行為が原因なのかと聞いてみると、原因はそれだけではなく陰部の洗い過ぎも原因になるとのことでした。
確かに、それに関しては心当たりがありました。

トリガーさん 30代 男性
★★★★

当時、複数の女性と体の関係を持っていました。
あるとき陰部に軽いかゆみが出てきたのですが、あまり気にせずに女性遊びを繰り返していたのですが、次第に陰部が軽くただれてきてしまいました。
まさか性病だと思いもしなかったので、病院に行くこともせずに何もせず少し様子を見てました。
何日か経過しても症状はよくなることなく、ただれが少しひどくなり、亀頭も赤くなってきてこれはどうしようもないと思い病院の泌尿器科を受診しようと思いました。

病院に行こうと思い、病院に行ったのですが何科にかかればいいのかわからず、総合案内で聞くのも恥ずかしかったのでとりあえず泌尿器科を受診しました。
泌尿器科で症状を説明すると検査をすることになりました。
他の病院はわかりませんが、私の行った病院では検査の前に着替えをしました。病院服みたいなのを着ました。
ただ、下はパンツを脱いで着るように指示されました。
検査では男の先生と女の助手みたいな人が2人で行われました。
ベッドの上に座り病院服を開いて陰部を出すように指示されました。ゴム手袋をした男の先生に陰部を持たれ、助手の女性から綿棒のようなものを受け取り陰部から何かを採取していました。
男の先生と女の助手の方に自分の陰部をまじまじと見られるというとても恥ずかしい目にあいました。
処方された軟膏を直接患部に塗ると次第に症状が落ち着き良くなりました。
/p>