新宿の泌尿器科の口コミ・評判|新宿駅前クリニック > 咽頭淋病 > 咽頭淋病の口コミ

咽頭淋病の口コミ

raitaさん 30代 男性
★★★★★

排尿時に性器の先が痛く、痛みが段々と酷くなってしまい排尿時以外の時までも痛いと感じ始めてしまいました。
仕事にも集中できないくらいになってしまいましたので、ネットで調べると淋病ではないかと思いましたが、病院にかかるのが恥ずかしく自然と治ってくれないかと思い2日ほど我慢しました。
そのうちになんだかのども痛くなってきました。
その間、ネットで調べて効果があったというナスを食べるなどで様子を見ましたが、結局痛みは引かずに病院に行くのを決断。
近所に病院があったので少しでも早くこの痛みから解消できるのであればと思い、勇気を出して病院のドアを開けました。

受付をして問診票に記入して診察を待つまでの間、他にも3名ほどご老人がいました。
「僕のことを性病だと思っているんだろうな」と勝手に思ってしまい、とにかく恥ずかしいので早く呼ばれないかなという気持ちのみ。
やっと呼ばれお医者さんに症状を伝えると、予想通りではありましたが患部を見せなくてはなりません。
医者とは言え性器を見せるのは抵抗がありました。
ゴム手袋のようなものをしているお医者さん。一瞬指先が触れて、「うん淋病ですね」と一言。
のどの違和感も伝えると淋病はのどにも感染するとのことを教えていただきました。
「不特定多数の人と性行為ありました?」と聞かれ、心当たりがあったので「ハイ」と答えると「気をつけてくださいね。お薬出しておきますよ。1週間もあれば治りますから」とのこと。
実際に薬を飲むと翌日から徐々に痛みが引き始めて、3日後にはもう痛みは無くなりました。
こんなに早く簡単に治るならすぐに病院にかかっておけば良かったと思いました。

ふかせさん 20代 男性
★★★★★

ある日、久しぶりに会った友人と飲んだ後に、誘われるがまま風俗に行きました。
その翌日から、排尿時の痛みと尿道から膿みたいなものが出てきました。
私の友人が性感染症と診断された時の症状とほとんど同じだったため、すぐに病院を受診しようと思いましたが、症状に気付いたのが夕方で近くの泌尿器科が閉まっていたため、翌日近くの泌尿器科を受診することにしました。
翌日になると症状はさらに悪化しており、尿回数も増えてきました。泌尿器科が開く時間に合わせて受診しました。

泌尿器科を受診した際に、症状や風俗に行ったことなどを伝えると「性感染症の検査しましょうね」と言われ、検査をしました。
検査結果は淋病感染症とのことでした。「先生から喉は痛くない?」と聞かれました。
言われてみれば、確かに病院に来るまでは性感染症のことしか頭になかったので気付かなかったのですが、喉の違和感はありました。
これも淋病の症状であることを伝えられました。
淋病は淋菌という細菌が原因とのことで抗生物質が有効ですよ。
と言われ、セフトリアキソンという抗生物質を点滴してもらいました。
治療自体はこれで終了なので、まだ症状が続くようなら来て下さいと言われました。
抗生物質の注射をやった当日から劇的に良くなり、翌日には症状はほとんどなくなりました。